SEO初級

              

SEOとは安定してWEBマーケティングで最大の効果を獲得するために、欠かすことはできないとても重要なものです。

それは、SEOはブログやサイトにとって、一番安定したアクセス源となるからなのです。

また、SEOからアクセスすると、自分自身で検索枠に対象となるキーワードを入力している人からのアクセスということになるので、ソーシャルメディアと比較するとユーザーの、検索するという目的意識が高くなり、より多くのコンバージョンが生まれやすいのです。

自分がインターネットサイトの意図に沿って正しくSEOを実行すれば、時間が経つごとに自分自身のWEBサイトは、高く評価されるようになります。そして、多くのアクセスを数叩きだすことができるでしょう。ここではWEB上で安定して資産を作り上げるためのノウハウをご紹介しましょう。

SEOは、安定的なWEBサイトへのアクセス源としてとても重要な価値があります。なので、多くの企業はまずSEOに力を入れています。

しかしながら、力を入れたい分野であってもSEOの知識が不足していたり、コンサルタントの人にすべてを任せてしまい、無計画であったり、無戦略のままにいろいろなSEO施策に取り組んでしまう企業も少なくないそうです。

これは実はとても危険なことであるのです。

それはインターネット検索サイトの検索エンジンは日々変化しており、厳しくなってきているのです。

例えば昨日まで有効だった方法が、今日には減点の対象となるということもあり得るのです。なので、「この方法は有効である」と確信して行っているSEO施策が、実はとても大きなルール違反になっているということもあり得るのです。

今日のSEO市場での取り組みの対策として、長期的な目線をもつことが重要となってくるのです。少しずつ効果を出して行く取り組み方が必要となってきます。

そのようにしていると1年、2年、3年と経過していくうちに、競合サイトがとても追いつけないような強いサイトを作れる可能性があります。

SEO対策がはじめての方は、この初心者のためのSEO対策の記事がおすすめです。

      

      

SEO担当者とHTTPSの対応について

          

         

レンタルサーバーでのHTTPS化では、独自SSLと共有SSLの違いには注意しなければなりません。

独自SSLは独自に利用しているドメインをそのままHTTPS化します。

共有SSLの方は、レンタルサーバー運営会社がHTTPS化した親ドメインのサブドメインを利用します。

もし独自ドメインを利用するときに、共有SSLを適用してしまうと、ドメイン自体が変わってしまいます。適切なドメイン変更処理ならば、大丈夫ですが、対応を間違ってしまうとSEO評価を駄目にしてしまうリスクもあります。

そのため、独自SSLを極力採用してほしいところです。

一方、自社のサーバーやクラウドサーバーを利用している場合には、サーバー上では、秘密鍵、SSL/TLSサーバー証明証、中間証明書の取得、443番ポートの開放、apacheのconfファイル設定といったところの対応が必要となってきます。それぞれの作業はエンジニアの知識が必要となります。

これはSEOの担当者が作業するというのは困難です。

けれど、その手順を理解することで、エンジニアとの会話もスムーズとなります。状況理解もできるようになります。

HTTPS通信には暗号化処理が含まれています。

その暗号化方式というのには「共通鍵暗号化方式」と「公開鍵暗号化方式」の2つがあります。

共通鍵暗号化方式ではプラウザとサーバーが共通の鍵を用いることで、暗号化・複合化します。

公開鍵暗号化方式は、秘密鍵と公開鍵の2つを利用して、片方で暗号化したものは、もう片方でしか復号化できないというものです。

公開鍵は公開されますが、秘密鍵の方は第三者に漏らさないようにしなければなりません。両方を用いたハイブリット方式を利用します。

         

           

SEOとナビゲーションの設置とは

               

              

ナビゲーションというのは、上位カテゴリへのリンクを張る手法となります。

効果的な内部リンクのことをいいます。

ユーザビリティを考慮したナビゲーションというのは、ユーザーの使い勝手を向上させますし、クローラビリティを向上させることにも繋がります。

ナビゲーションには大別すると三種類ものがあります。

「グローバルナビゲーション」「サイドナビゲーション」「フッターナビゲーション」です。

グローバルナビゲーションというのは、ウエブサイトの全ページに共通で設置されているナビゲーションのことです。

ここは、常にトップページへリンクを張るといった役割を担います。

グローバルナビゲーションには、初めて訪れたユーザーに、どんなサイトであるかを説明する役割もあります。

これはウェブサイトの全ページに共通で設置されます。このため、検索エンジンにリンク先のページが十雨用であることをわからせることもできます。グローバルナビゲーションには主要なページへの導線をページ内の分かりやすい箇所に並べます。

サイドナビゲーションというのは、2カラム型のウエブサイトでは、メインエリアの右部または左部に設置するナビゲーションのことをいいます。モバイル用サイトのような1カラムならメインエリアの上部や下部に設置されたりします。サイドナビゲーションにはそのカテゴリに属する他のページへの動線を設置します。

これは全ページに共通するものではないだめ、ローカルナビゲーションとも呼ばれています。おすすめページやランキングといった、より集客につながるような言葉を使ってリンクを設置するケースがあります。

ユーザーが回遊する動線にもなりますし、対象ページの被りリンク数を増やすことができます。