人間が「Tシャツ」という単語を見ると、それが洋服であると感じますし、半袖や綿素材ということを想起したりします。

これは「Tシャツ」というものの概念を理解しているからといえます。

けれど、コンピューターは「Tシャツ」というのは文字の並びとしか認識できません。これでは本当の意味の情報整理ができないといえます。グーグルの検索エンジンの開発におけるミッションというのがあります。それは「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできてつかえるようにする」ことだといいます。そういうことで、情報を整理するのに、それぞれのデータをコンピューターでも理解できる形で記述することが求められるのです。

そこで「構造化タグ」「構造化マークアップ」というものが登場しました。

構造化タグを利用する時に、間違いや混乱が発生しやすいといいます。文書構造を意識するということは、ユーザーにも理解しやすいコンテンツを作るということに結果的に繋がります。コンテンツの作成時には文書構造を意識するように常に意識するべきです。構造化マークアップを利用するとより高い検索結果を返し、ユーザーは探したいページを簡単に見つけることができるようになります。

構造化マークアップというのは、要素に意味を付与することです。

例えば、お菓子が「ふわふわねじねじ」という名称の商品が発売されたとして、コンピューターは大工道具の「ねじ」として認識するかもしれません。そういったことを防ぐために、未知の「ふわふわねじねじ」を食べ物であるということをコンピューターに正しく認識させます。

構造化マークアップは検索結果に反映され、クリック率の上昇などSEO効果が高いといえます。

             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です