以前の検索エンジンでは、コンテンツの内容が「質」として薄っぺらいものであったとしても、単純に、その検索キーワードを用いることで、比較的安易に検索エンジンに表示される検索結果順位を上位にすることができたようです。

当時はユーザーを無視したような SEO が普及していたようですが、現在では、何よりもユーザーを主体とした検索エンジンの機能を重要視しているようです。

さらに現在においては、SEO を意識した薄っぺらなサイトは、迷惑行為として除外されてしまうようなことになっているようです。

実際に、このような迷惑行為を行っているようなサイト自身は、質の低いコンテンツを大量に含むサイトとして、検索結果から除外されてしまうようなこともあるようです。

現在では、ユーザー主体の検索エンジンとして質の良いコンテンツや、皆さんが必要としている Web サイトが、必然的に上位に表示されるようになっているようです。

何よりもユーザーが知りたい調査したいと言ったような情報を、きちんと伝えられる検索エンジンとして、世界中の人々に必要とされています。

             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です