通常の作文術で言われているルールが、SEO(検索エンジン最適化)にかなったWebライティングには当てはまらない場合があります。文章構成でよく言われる「起承転結」はその良い例です。むしろ、プレゼンというビジネスシーンで使われる「PREP法(Point(結論)、Reason(理由)、Example(事例)、Point(結論)のそれぞれ頭文字をとったもの)」の方が適しているといえそうです。そのほか、「接続詞」を省略したほうが良い場合などです。例えば、「<p>ITエンジニアになれるかどうかは、ネットワークの知識があるだけでなくいろいろなトラブルに迅速に対応できるかどうかで決まってしまいます。しかし、それだけではありません。なぜなら、セキュリティへの知識やこれからのモバイル需要にも対応できる知識が要求されるようになってきているからです</p>」という文章で考えてみます。接続詞「しかし」「なぜならば」が冗長的です。次のような改善策が考えられます。「<p>ITエンジニアになれるかどうかは、ネットワークの知識があるだけでなくいろいろなトラブルに迅速に対応できるかどうかで決まってしまいますが、セキュリティへの知識やこれからのモバイル需要にも対応できる知識も要求されるようになってきています</p>」となります。冗長的と感じられるような接続詞などの使用は極力避け、簡潔明瞭を旨とする文章作りを心掛けて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です