友人との会話の中に、「オーガニック検索」というワードが出てきました。オーガニックのイメージとしては、自然派、無添加、人工的でないというような感覚を抱いていましたので、自然派な検索とは、いったどういったものなのかと調べてみたところ、サイト検索をする際の検索エンジンの検索結果に表示される、サイトの種類を示している事のようでした。酒屋を営む友人が、最近、町中の商店営業だけでは売り上げの見込みがないという事で、Webサイトを立ち上げたという話をしていたので、その関連からそのような、未知なるワードを学習してきたのだと思うのです。オーガニック検索があるのであれば、人工検索や添加物検索もあるのだろうと、調べてみたところ、そのようなネーミィングのものはみつからない代わりに、「リスティング広告」といったものがみつかりました。私たちが日々、検索エンジンを利用して、検索していた検索画面には、「広告」が含まれているのです。知らずにクリックしていた人もいるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です