明度が低めのものであれば落ち着いた印象を与えることができ、明度が高いほど明るく爽快なイメージを与えることができます。彩度は、名前の通り色の鮮やかさを示します。彩度が高いとくっきりした画像となり、華やかな印象を与えることができます。逆に彩度が低いと灰色がかり、渋く大人っぽい印象を与えます。この色相・明度・彩度を考えながら、今度は配色を考えていきます。つまり、さまざまな色の組み合わせです。例えば赤を中心としている色相は暖色と呼ばれ、暖かく、気持ちを高揚させる効果があります。反対に寒色は青を中心とした色相になっており、涼しい印象、まじめな印象を与えることができます。緑や紫の色相は中性色と呼ばれ、白や灰色、黒などの色相は無彩色と呼ばれています。どんな印象を与えたいかで選んでいく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です