タレントの世界が、将来は一般企業でも見られるようになると考えます。タレントが大御所に気に入られようと行動するのは、貰える仕事の数が少ないからです。

つまり一般企業でも仕事の数が減れば、社員同士の競争が激化し、アピールする行動が増加するはずです。最初に述べた通り、そのアピールの仕方はこれまで、自分の能力や経験を誇示するのが中心でした。

しかし今後はAIの導入でこれまで以上に競争率が高くなり、タレントの世界と同様の奪い合いが起こるはずです。

そうなると、能力のアピールに加え、人間力を評価してもらうことが大切になります。

簡単に言えば、上司に好かれることが優先事項になるのです。実際、外資系企業では、チーム単位で動くことが多く、メンバーは皆リーダーのお気に入りで占められています。

リーダーがどこかに異動すると、メンバー全員が付いていくことも珍しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です