最近では、コスト低減や運用上の手間を省くためにレンタルサーバーを利用すると言うケースが少なくありません。自前でサーバーを用意する場合に比べコスト的なメリットが非常に大きなものとなっていますが、その反面性能面や機能面の制約が大きいため、選び方には十分な注意が必要です。
レンタルサーバーには大きく分けて専用と共用があり、専用のものはコストは割高となりますが非常に自由度が高いのがメリットとなっています。自分だけで存分にその機能を利用することができるため、特殊なコンテンツなども運用しやすいのがポイントです。しかし、バックアップ機能やメンテナンス機能が劣っていることも多く、システムが停止した場合にはサービス性も損われるなどデメリットもあるためこれを十分に意識することが必要です。
共用の場合にはシステムの安定性は非常に高いものと考えられる反面、様々な制約事項が存在するため自由に利用することができない部分が生じるのが難点です。加えて場合によってはセキュリティ面での脆弱性が存在するなど、問題視される部分が存在することにも注意をしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です